読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

億万長者のビジネスモデル

年収3億円の美人女子大生メンターに教わった「ビジネスを成功させる本質」とか「人間力を高める考え方」を紹介します。あとたまにエッチなことを書くので下ネタが嫌いな人は見ちゃダメ(^^)

メンターの言葉「で、本当は何がほしいの?」

12年前、メンターとの初めての出会いの時のお話。

 

可愛い女の子を前にカッコつけたかった私は

「ふふん、うちだって起業して大物になるんだもんね」

と去勢を張っていました。

 

ほんと、なんにも中身の無い

た だ の 口 先 男 

とは、まさに私のことです。

 

そんな私の本質を一瞬で見抜いて彼女は言いました。

 

なんで今すぐしないの?

いつするの?

いつ「やりたい」から「やる」に変えるの?

何が原因で今はそうなってないの?

 

はぁ、しょーもない・・

 

言葉に詰まっていると、彼女はさらにたたみかけてきます。

 

どうしょうもないわね、あなた。

そんな風に自分にウソついてばっかりで毎日楽しい?

 

ビクンとした

 

身体中がアツくなってムカムカすると共に、

自分の中にある本質に触れられた気がして

心臓のドキドキが止まらなかったのを覚えています。

 

さらに彼女は続けます。

 

もう心の底では気づいてるんじゃないの?

毎日感じている違和感に。

このままじゃいけないんだっていうことに。

ちなみに、あなたはどんな状態を望んでるの?

 

うーんと、とりあえず月収を今の5倍くらいにしたい。

300万くらいの月収があれば嬉しいなー・・

 

ふーん、

で、あなたは何を望んでるの?

 

え?

時間に自由があって、いい暮らしができる状態、かな・・

 

ふーん、

で、あなたは何を望んでるの?

 

え、え、え??

みんなに認められて、影響力がある状態・・かな・・

 

ふーーーん、

で?? あなたが本当に欲しいものは何なの?

 

え?

もう混乱です。

 

それ以上に欲しいものってなんなんだろう・・

これを真剣に考えることから全てはスタートしました。

 

そもそも、なんのために稼ぎたいのか?

なんのためにビジネスをしたいのか?

 

成功している人たちの動機を見ることは

その当時の自分にとっては最高に勉強になりました。

 

これを明確にすると、

「モチベーション」なんて言葉は関係ないくらい

ビジネスをして稼ぐことが楽しくなりますぞ。

 

---------------------------------------------

で、本当は何が欲しいんですか?

---------------------------------------------

 

 メンターとのストーリーは

storys.jp