読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

億万長者のビジネスモデル

年収3億円の美人女子大生メンターに教わった「ビジネスを成功させる本質」とか「人間力を高める考え方」を紹介します。あとたまにエッチなことを書くので下ネタが嫌いな人は見ちゃダメ(^^)

お金をかけずにカフェを開く:売上10倍の秘訣6 権利を売る

カフェを開くことが、昔からの夢だったんです・・

シェアハウスを運営したいんです!

 

そんな夢を語る人は相変わらず多いです。

 

だけど、夢見る人が10000人いたとして、

そのうち、夢を叶えようと「何か」行動する人は100人

実行に移して行動を続けて夢で成功する人は10人

 

てことは、カフェをやりたいって夢見る人の中で、実際にカフェで成功する人は0.1%ってことですね。

 

うーーーん、なんか切ないなぁ・・

 

f:id:kokosapu:20150622114939j:plain

えっ、既読スルー・・・ ?  切ないなぁ

 

 

でも、これって裏を返せば、

夢を叶えようと「何か」行動をはじめたら、

10%の確率で成功しちゃうとも考えられますよね?

 

以前にブログでこんな記事を書きました。

koiken.hateblo.jp

 

お金なんてかけなくたって実は起業できるんだよー、

だからもっと徹底的に頭使って知恵を出そう!というお話です。

 

この記事の中でビジネスの成功確率は10%と書きました。

 

ということはですよ?

 

お金をかけずに10回チャレンジし続ければ、

当たるんです

宝くじ級のビックな波に!

 

おー、ワクワクする。

 

ということで、今日はどうやってお金をかけずにビジネスを起こすのか?

その切り口の一つである

あなたが売れる権利を考える

をご紹介したいと思います。

 

権利を売るって、なんかワクワクしますねー。

 

 

例えば、私がコンサルをしているある青山のバーでは、

15席のカウンターのうち奥の2席を「VIPオーナー席」として販売しています。

 

オーナVIP席は2席で曜日ごとの販売です。

平日が月額5万円でビール飲み放題権利付き。

金曜土曜が月額7万円でビール飲み放題権利付き。

この収入34万円で、月の店舗の家賃をペイしています。

 

オーナーの権利を買った人は、

ここ俺の店なんだということができ、

(本物のオーナーに)「オーナー、おかえりなさい」

と言われ会計は後日精算なのでカッコつけられる。

 

売っているものは

「ビール飲み放題」の権利と

「これ、俺の店なんだ」と言える権利です。

 

また別の例です

ちょっと変わった商品で

 「月の土地の権利」を売っている

アメリカ人がいます。

月の土地|火星の土地|ルナエンバシージャパン

 

3000円くらいで、権利書と所有の地図がもらえます。

誕生日のプレゼントなんかで人気のよう。

 

これなんて、言ったもの勝ちですよねw

「この土地オーレのっ」って。

 

元々地球の土地もそうなんだろうけど。

誰も月を所有しようなんて思いつかなかったから、やったもの勝ちです。

 

権利、権利、売れる権利・・

えーっと、例えば・・・

 

※メンターの教えで、例え話が、現時点で思いついていなくても

「例えば」という言葉で話し始めると例え話が思いつくと言われていたので

無理やり書いてみましたが・・・

 

おっと、思いつきました。

これも権利ですね。

 

・昔の固定電話の権利。

・スポーツクラブなど会員制のビジネスなどは月額制で「使用権」を売っています。

・カフェの壁スペースなどを「ギャラリーとして使用できるスペース貸し」

知的財産権の売買

世界遺産検定や英検などの検定ビジネス

・ノートパソコンの表面を広告スペースとして売る家入一真

・飲食店で1日店長ができる権利を売る など

 

権利を買ってもらう方法の中でも、ここ最近急激に伸びてきているのが

 

クラウドファンディング

 

クラウドファンディングは、

夢を叶えたい(実現したい)人と

夢を応援したい人をつなぐ、

資金集めのサービスです。

 

支援をした人はお金を返してもらうのではなく、

「価値で返してもらう」という仕組みです。

 

有名なところだと

READYFOR (レディーフォー) | クラウドファンディング

(ボランティア、非営利活動系が多い)

 

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)- クラウドファンディング

(アート、音楽、プロダクト系)

 

クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

(今一番、あついクラウドファンディング

 

この中でやり方がうまいなぁと思ったのが、

ある馬刺し屋さんが馬肉を石窯で焼いて提供したい!

という馬肉専門店さん。

www.makuake.com

 

石窯を作るのに300万を集めたいということで開始したところ、

わずか4時間で550万が集まりました。

 

この馬肉屋さんが提供した権利は・・

 

1万円を支援してくれた人には、

「1年間お店での飲み食いの上限が

どれだけ飲み食いしても6500円になる年間パス」

 

しかも、オープン後1年間は、

「支援をしてくれた人とその友人」

にしかお店の場所を明らかにしていません。

 

すごい!

 

ということは、この権利を買った人は

「お店に来るリピーター」です。

 

実際、現在もこのお店はなかなか

予約が取れない状態になっています。

 

ということはですよ?

 

このクラウドファンディングを使えば、

あなたがカフェを開く時に

 

・オーナーになれる権利を30万円で30人に

・永久飲み放題権利を10万円で50人に

・1年間の使用権利を1万円で100人に

売ることができれば、1500万円を集められます。

 

さらに、そこに収益商品を組み合わせたり、

コラボの力を利用していくと・・

 

完全に無料で、店舗と先の売上を確保できます。

 

※どうやったら、そんなに集められるんだよ!

と疑問に思ったら、そのヒントは、

お客さんや仲間になりたい人が

「断ることがバカバカしいと思えるオファー」

を提供できるかどうかにかかっています。

 

また、あなたの商品やサービスを

「プレゼント用」にできないかを考えるのも一つですよ。

 

以上っ!

 

今日は断食明けで6日ぶりのごはんやーっ(^^)

 

もっとビジネスを学びたいあなたはこちら

storys.jp