読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

億万長者のビジネスモデル

年収3億円の美人女子大生メンターに教わった「ビジネスを成功させる本質」とか「人間力を高める考え方」を紹介します。あとたまにエッチなことを書くので下ネタが嫌いな人は見ちゃダメ(^^)

人質を取るというビジネスモデルについて:売上10倍の秘訣その9 人質ビジネス

こいつの命が惜しければ、今すぐ100万用意しろっ!

f:id:kokosapu:20150521215228j:plain

 

ということで、今日は売上があがる

「人質」ビジネスモデルを取り上げたいと思います。

 

「人質ビジネス」って、ちょっと言い方が乱暴ですが、

実は大昔から人質を取るというビジネスモデルは存在したんです。

 

・クリーニング屋さん

・バーのキープボトル

・フィットネスクラブの個人ロッカー

 

などなど。

 

例えば、クリーニング屋さんは服を人質に取ることで

もう一度来店をするチャンスを得ています。

 

 

バーのキープボトルもそう。

そこに自分のボトルがあるからまた行くことになる。

 

 

これを応用したビジネスモデルをご紹介しますね。

 

最近ネット上でデータを預かる、

Dropboxやエバーノートなども人質ビジネスです。

個人のデータをたくさん預かることで、

何度も来てくれる仕組みになっています。

そして、自分のデータがあるから有料プランに移行する。

 

ここで大切なことは、

「自分のお客さまの何かを人質に取れないか?」

この質問を自分に投げかけてください。

 

あるラブホテル経営の社長さんは

部屋の改装をしたかったのですが

とても大きなお金が必要だったので、

 

あるモノを人質に取りました。

 

 

 

 

 

なんだか分かりますか??

 

 

 

ヒント

入り口から見えないところに壁一面のロッカー

(お風呂屋さんにあるような、下駄箱ロッカー)を設置しました。

そして、それを個人に貸し出しました。

 

 

 

 

 

 

 

わかるかな~?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのホテルがやったことは・・・

 

 

 

 

 

とても下世話な話で申し訳ありません。

 

でも、この戦略すごくないですか?

結果、そのラブホテルはリピーターが3倍になったそうです。

 

お客さまを集めるのにサイトに広告を出したりせず、

口コミだけで圧倒的に集客をしてしまったんです。

 

「人質型ビジネス」いいですね〜。

 

これを大きく転用することも考えられます。

 

例えばスキー場が、シーズンの終わりに

「スキー板やスノボの板を次のシーズンまで預かりますよ」

(メンテナンス付き10000円)

なんてことをしたらどうでしょう?

 

家にボードの板を置いておく場所に困る人にとっては嬉しいサービス。

確実に次のシーズンにはリピートですよね。

 

クリーニング屋さんでも、

クリーニング無料保管【イークローゼット】という会社は、

6ヶ月間衣服を無料で預かることで、

工場の稼働を平均化させて効率をアップさせています。

 

ということで、

 

あなたのお客さまの何か

人質に取ることはできないでしょうか?

 

お客さまが家にあって困るものはなに?

お客さまの大切なものを預かるとしたら?

お客さまのデータを預かることはできないか?

 

ヒントとして、他にも事例を挙げておきます。

 

AmazonのFBAは倉庫に商品を預かることで、

出品者がAmazonのヘビーユーザーになる仕組みになっています。

 

実は、このブログの仕組だってそうですよね。

ブログの中に自分のデータがあるから、何度も利用する。

 

Facebookだって、自分の交友関係や、メールのやり取りを

そのシステムの中に人質として預かっているから何度も利用する。

 

逆に人質を取らせてリピートしてもらうというのもありです。

 

ツタヤのレンタルは人質を取らせることでまた店舗に来る。

テニスショップが、試打ラケットを無料で貸し出すのでまた来店する。

 

ある(時間制の)シェアオフィスは、一定の大きさのロッカーをあえて無料に。

そこに、自分のものを置いておけるから何度も足を運びます。

 

あるカフェでは「自分のマグカップ」をお店にキープでき、

マイマグカップを持っている人はコーヒー50円引き。

 

どんな業種だって、考えれば人質が取れる何かがありそうですね(^^)

 

 

新規の顧客数 と 客単価アップ と リピート回数 

 

売上をアップさせる要素はこれしかありません!

 

 

その中でも、リピートを増やす戦略が最も費用対効果がいい。

 

ぜひ、あなたのビジネスで活用できることがないか?

考えてみてくださいね

 

 

最後に、、

 

 

 

ぜんっぜん関係ないけど、

 

パンチラってめっちゃワクワクしますよね♡

 

 

 

 

ではまた!

ちゃお!