読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

億万長者のビジネスモデル

年収3億円の美人女子大生メンターに教わった「ビジネスを成功させる本質」とか「人間力を高める考え方」を紹介します。あとたまにエッチなことを書くので下ネタが嫌いな人は見ちゃダメ(^^)

未来は過去の延長線上?にしないようにする方法を考えてみた。

思いつきと気分で昨日の夜からご飯を食べてません。

なのになぜか、うん◯は出るんだなー、不思議だなーw

 

f:id:kokosapu:20150514160956p:plain

 

ということで、今日は過去とか現在とか未来とかの

時空を超えたお話をできたらと思います。

 

あなたは、自分の目標とか夢を実現させたいなーと思った時、

それができるかどうかを何で判断してますか??

 

うちは、いつもメンターにこんなことを言われていました。

 

一般人は自信をベースにして決断する

卓越した起業家は楽しくなるかどうかで決断する

 

はあ・・

 

で、それってどういう意味ですか??

 

やったことがあるからやる。

やり方を知っているからやる。

やり方を教えてくれる人がいるからやる。

 

などなど。

 

これをご飯やさんに行くことに例えたら・・

 

行ったことがあるお店だから行く→過去の延長線上の人生

そのお店の楽しみ方を知っているから行く→攻略法がわからないと行けない

そのお店に連れて行ってくれる人が行くから行く→人にしてもらうばっかりの人生

 

つまり、多くの人は何かの決断をしたり

目標をたてる時に「過去の経験とかできるかどうか?」

を基準にしちゃうっていうことなんです。

 

でも、それを続けたら新しい未来なんでできないんですよね。

 

かといって、今までに選択してこなかった決断をするのって

めっちゃ怖いし、不安だし、ドキドキするじゃないですか。

 

うまくいくのかなんて分からないし。

できるかどうかも分からないし。

 

で、自信がないから選択せずに一歩を踏み出せない・・

でも、その自信って過去の実績とか経験に基づいちゃってるから

なかなか変えられなかったりする・・

 

その逆に、世界を変えるような変人起業家は何を考えるのか?

 

・この夢叶ったら、世の中がめっちゃ楽しくなるんじゃね?

・このビジネスにチャレンジしたら、自分のレベルが上がるから楽しそう!

・あそこに行けば、今までにない経験ができるから試してみよう。

・自分の可能性が広がって楽しくなるから、やろう!!

 

と、頭がおかしなことを言います。

 

卓越した起業家は、決断ができるかどうかじゃなくて

決断の先にある楽しいことにフォーカスしているんです。

 

これから、どれだけ楽しくてステキな人生が待っているのか?

これから、どんな人とビジネスをしていくのが楽しいのか?

これから、どれだけ豊かな生活を送るのが理想なのか?

 

その未来の可能性に向けて、現在できることをする。

 

だって、うちらは今も未来に向かって生きていくんだから

過去からやってくる訳のわからない「できない」とか「自信のなさ」とか

「嫌だったこと」とか「不平不満」とかに目を向けててももったいないよね。

 

自分の理想とする未来が実現できるような、

「今」の行動をすることだけが、その未来をつくるんだから。

 

てかね、メンターいわく、世の中のすべては勘違いで出来てるんですって。

 

年収が100万円の人はそれを当然と思う勘違いをしている

(なるべくいい時給の仕事を探さなきゃ、とか)

年収が1億円の人はそれが当然だと思う勘違いをしている

(なるべく多くの人の人生を一度に解決して、世の中を良くする仕組みにしなきゃとか)

 

公務員には公務員の勘違いが、

卓越した起業家には卓越した起業家の勘違いがある。

 

いつもムカついている人は、

嫌なことが起きたらムカつくことが当たり前だという勘違いを持ってるし。

 

いつも平和でニコニコしている人は

どんなことが起きても自分の感情は好きにできるという勘違いを持っている。

 

ビジネスで大きな結果を出す人は

自分の中にある勘違いの度合いが、とにかくでかい。

え?イベントに1000人人が集まるのって普通ですよね・・という勘違い。

 

 

だから、あなた自身が得たい未来を実現している人がいたら、

その人から「勘違いの秘訣」を学べばいいことなんです。

 

その人が、どんな動機で、どんな思いで行動しているのか?

その人の基準がなんなのか?ここにフォーカスができるとしっかりと学べます。

 

今現在自分が持っている「思い込み(勘違い)」だけが

未来の成果を大きく変えちゃう薬です。

 

その薬は飲んだことがないから苦いかもしれない。

でも実は甘いかもしれない。

 

それも飲まなきゃわからない。

 

どれだけの成果を出すのが自分にとっての当たり前なのか?

どんな習慣を持って毎日を生活をするのが基準なのか?

 

自分にとっての枠をどんどん広げましょう。

 

変えたい過去があったら、

理想の未来を描いて、

その未来になっている自分を想像しよう。

 

そして、こう言ってみてほしいんです。

「過去の◯◯(嫌なこと)があったおかげで、今こういう理想の状態でいられるんだ」

と。

 

過去に起きた嫌な出来ごとの意味付けが変わります(^^)

 

そして、理想の未来のために今できる一歩を踏み出してみる。

その行動の基準は「過去の基準」じゃなくて「理想の未来の自分の基準」

そしてもっともっと楽しくなっちゃう基準でいきましょう。

 

すべては可能性に満ち溢れている。

もっともっと、チャレンジをしてみたら、

楽しいことがガンガンはじまっちゃうかもしれないよ!