読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

億万長者のビジネスモデル

年収3億円の美人女子大生メンターに教わった「ビジネスを成功させる本質」とか「人間力を高める考え方」を紹介します。あとたまにエッチなことを書くので下ネタが嫌いな人は見ちゃダメ(^^)

しあわせってなんなんだろうね・・って考えたらいろんなコトに気づいちゃった。

幸せってなんだっけ? 

f:id:kokosapu:20150512235025j:plain

うまい醤油があるうち(家)じゃない?

 

 

 

 

しょうゆうことー。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

メンターいわく

 

あなたにとっての幸せって何?

ていうか、幸せってなんなのか分かってる?

 

幸せを感じるってなんなんだろうね。

 

そういうことをちゃんと考えると、

いろんなことに気付けるようになるのよ。

 

普段意識していないことを意識するようになると

人生って変わるんだからね。

 

 

 

ってことで幸せについて前に自分が書いていたブログが

まあまあ興味深かったのでご紹介します。

 

 

 

海のお話し。

海に住むある一匹のお魚は、

外の世界が気になってしょうがありません。

防波堤の近くを泳ぐと、いろんな声が聞こえてきます。

「海は広いな大きいなー、月は昇るし、日は沈む」

「海っていいよねー、嫌なこと全部忘れさせてくれる」

「キレイな海!癒やされるわ〜♪」とかね。


そんな言葉を聞いて、その魚は興味津々。

「海」ってすごく素敵なものみたいだ!

どうやらこの外の世界にいる生物たちが

「海」のことを詳しく知っていそうだな、と。



魚は、毎日毎日「海」という単語を聞き続けているうちに
その「海」というものを見たくなってしまいました。


防波堤にいる生物たちがいつもたらしている糸と針を使えば、

海が見られるという結論に達しました。

そして、ついに魚は人間に釣り上げられてしまいます。


海の中にいたときは感じなかったのですが、外に出た瞬間に
呼吸ができずにとても苦しい状態になってしまったんです・・・


でも、そこで初めて「海」を見る事ができたんです。

「ああ...これが海か。海というものはこんなに広くて 
 大きくて青くて、海の上には青い空と白い雲が果てしなく…
 本当に海ってすごいんだなぁ!!!」

が、その海というものを自分が認識した瞬間は、
実は魚にとって大変辛い瞬間だったんです。

逆に言うと、つらい思いをして
初めてこの魚は海を見られたんです。



釣り上げられた魚が「私」

釣り上げた人を「神」
釣り上げられた状態を
「災難(病気・事故・問題)」

といいます。

そして、今まで自分が住んでいた海を

「幸せ」と呼びます。




海にいる魚は、

海にいる事が分からない。



 なるほどね(*´ー`)=3



幸せって時計の振り子みたいな構造なんですって。

幸せになりたーい!って思ったら、逆に不幸なことも
経験するようになってるんですね。


幸せの大きさに比例して、逆のことも起こり得る。
だから、今不幸な人は、すんごい幸せが来るのかもしれません。

具体的に言うと、山の中で遭難して、7日間ご飯が
食べられなかった後のおかゆは死ぬ程幸せですよね?

毎日お腹一杯贅沢なものを食べて常に満腹だったら、
温かいおかゆなんて、そんなに食べたくないんですね。


すべての物語は、辛いこと、困難があるからこそ、美しい。

そして、音楽も暗い音楽があるから楽しい音楽が引き立つものだ。

ジブリの音楽担当 久石譲

 

 

って、今までの自分だったらこれで納得してたんですが、

今はちょっと考え方が変わりました。

 

別に、不幸なことや大変なことが起きなくたって、

毎日小さな幸せに気づく力とか、小さいことに感謝できる力があると

ずーっと幸を感じ続けることだってできるんだーって。

 

自分が感じられる幸せを、自分軸で生きてみる。

 

この力を身につけちゃうと、

そもそも周りの人と比べなくたっていいんだ〜って、

めちゃくちゃ楽になります。

 

周りの人に良く見られる必要もないから、

Facebookで自分をよく見せる投稿をする必要もなくなるし、

自分はいくら稼いでるぞーなんて見栄を張る必要もなくなるし、

こんないいところに住んでるぞーと、がんばらなくてもいいし、

常に平和な気持ちでいられるんですよね。

 

さんまさんも昔言ってました。

しあわせ〜って、なんだ〜っけ、なんだ〜っけ?

ポン酢醤油があるうち(家)さーって。 

 

てことで、今すぐ、ポン酢醤油を買いに行こう!