読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

億万長者のビジネスモデル

年収3億円の美人女子大生メンターに教わった「ビジネスを成功させる本質」とか「人間力を高める考え方」を紹介します。あとたまにエッチなことを書くので下ネタが嫌いな人は見ちゃダメ(^^)

自由を手に入れてみようと思ったけど、手に入らなくてもういいや思ったら手に入った。

自由のやつ、いったいどこ行きやがったんだ・・

ちょっと目を話したスキに逃げやがって、チクショウ!

 

 

警部、あっちです!

やつの後ろ姿が、あそこに・・・

 

 

ま、まてコラ〜自由め〜〜 ヽ(`Д´)ノ 

 

そんな会話が繰り広げられる今日このごろ、

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

 

GWもすっかり終わってしまったようなので、

ガンガン働きましょうね。

 

 

新入社員の皆さんは、あれじゃないすか?

5 月 病 ってやつ。

 

5月にしてみりゃ、いい迷惑ですよね。

5月だから精神的に病むんだ!なんつって、

5月のせいにされちゃうんだから。

 

で、大学時代みたいに自由に戻りたーい、なんつって。

 

なんか意識高い系の人たちは口をそろえて

時間の自由と、経済の自由と、場所の自由が

ほしいんです、なんつったりしてね。

 

 

自由っていったいなにものなん?

 

てことで、今日は「自由」についてです。

 

 

自由をネット辞書で調べるとこんな感じの答えが出てきます。

-----------------------------------------------

デジタル大辞泉の解説

じ‐ゆう【自由】

[名・形動]
自分の意のままに振る舞うことができること。また、そのさま。
自由な時間をもつ」「車を自由にあやつる」「自由の身」
勝手気ままなこと。わがまま。
freedom》哲学で、消極的には他から強制・拘束・妨害などを受けないことをいい、積極的には自主的、主体的に自己自身の本性に従うことをいう。つまり、「…からの自由」と「…への自由」をさす。
法律の範囲内で許容される随意の行為。
-----------------------------------------------

うーん、堅苦しいですね。

 

ちょっと分かりづらいので要約するとつまり

 

嫁が子供を連れて実家に帰っている時にパソコンを開いて

「わーい!どのエッチな動画を見てやろうかなー^^♪」

とウキウキしている状態のことを自由っていうんです。

 

と、まあふざけた話はここまでで、

 

師曰く

---------------------------------------

自由を手に入れたかったら、

それだけ自己管理をする必要があるの。

自己マネジメントができなければ自由はないんだからね。

---------------------------------------

自由の反対は安定よ。

だから自由を手に入れたかったら、

不安定な状態をたくさん経験して

チャレンジして成長することね。

---------------------------------------

自由を手に入れたかったら、

自由になりたいっていうことを忘れなさい。

そしたら自由になるから。

---------------------------------------

 

もう、理解不能ですねw

 

いちおう、分かる範囲で解説します。

 

サラリーマンって、雇われているから

すべてを自分の思い通りにすることはちょっと難しいよね。

でも、毎月安定的にお金が入ってくるから、ある程度の安心があります。

 

逆に、起業とかフリーランスって、

すべてを自己管理でやっていかなきゃならないから、

選択の自由は多いけど不安もつきものです。

 

安定と自由を両方とも同時期に手に入れようとすると、

両手を両側から引っ張られる状態なので前に進めません。

 

起業して自由になりたいな・・

でも会社の安定収入が捨てられない・・

気づくと3年が経過、とかね。

 

でも気づいて欲しいのは

「今は圧倒的な変化の時代」だっていうことです。

 

普遍的で、完全なる安定なんてどこにもない。

自分にはリスクがないと思っていることがリスクになります。

 

今までうまくいっていた方法が突然ダメになるかもしれないし、

安心できる状態が、なくなるかもしれない。

 

そういう時代の転換期こそ、本物のリーダーが育つ時代なのかもしれませんけど。

 

他はどうでもいいから、自分にとっての自立をすればいい。

 

自立して、変化を楽しめる人になって

自らが望む未来をつくりだす人間になってしまえばいい。

 

(自立は、起業するとかしないとか、そういうこととは関係ないですよ)

 

どんな状況でも、ある人にとってはピンチであり、

ある人にとってはチャンスになるんですもん。

 

親が莫大な借金をして、それを自分が返さなければならない・・

そのせいで、自分は一生家も買えず働き続ける人生だ。。

とその状況のせいにしてしまう人もいれば

 

親が莫大な借金をしたおかげで、今のままではダメだ!と一念発起。

おかげで、今は年商10億円の会社の社長です。

とその状況を糧にすることだってできる。

 

時代が自分の感性を受け入れてくれなかったから、

自分の心に浮かぶさまざまなデザインを表に出せない。。

と思ってしまう人もいれば

 

時代が自分の感性を受け入れなかったから、

世界の新しいスタンダードをつくりだすデザイナーになる。

という道をつくることだってできますよね。

 

変化の時代だっていうことは、無限の可能性がある。

 

変化を恐れる人にとっては、不安で仕方ない時代になるけど、

変化を楽しむ人にとっては、変化の先にあるチャンスがたっぷり見える。

 

ほな、なんでそんな風に同じ事が起きた場合でも、

違うように解釈してしまうんでしょ?

 

変化を恐れる人にとっては、未体験の変化は

怖くてしょうがないもの=問題や逆境 になってしまっています。

 

なんでダメなんだろう・・

今は、こんなに苦しい時なんだ・・

なんでうまくいかないんだろう・・

 

こうやって、問題にフォーカスを当てたって、

あんまり良い結果にはつながらないんです。

 

先ほど紹介したとおりで、同じことが起きても

それをピンチと取るかチャンスと取るか?は選択できます。

 

うちは、問題点にばかりフォーカスを当てて、

それがよくなったケースをあまり見たことがありません。

 

それよりも、

解決策というか理想の状態を描くことがバスト

なんです!

 

あ、違った、ベストなんです。

 

 

キング牧師は、有名な演説で

 

「白人と黒人の人種差別の問題点」にはそれほど触れずに

 

「私には夢がある。白人黒人関係なく、かつての奴隷の子孫とかつての奴隷所有者の子孫が同士として同じテーブルを囲んでいる日がくるという夢が」

 

「私には夢がある。私の4人の子供たちが肌の色によってではなくて人格によって評価される国に住めるようになるという夢が」

 

と、理想の状態を語って、多くの人をひきつけました。

 

どっちが正しいとかじゃなくて、

自分にとってお得で楽しいなーと思える人生を選択できるかどうか?

 

どんな環境にいたって、状況に置かれていたって

その状態が変わらないなら、捉え方を変えちゃうのが一番お得なんだから。

 

 

おかげさまで、今の私は自立してます。

こうしなきゃならない、とか、こうでなければならない

っていう考え方もあんまりないし。

 

世の中にこう見られないといけない、とか、

人や世の中をこう、変えなきゃなきゃならない、なんて考えにも

縛られているわけではない。

 

ただ、ひたすら自分ができることを

おもいっきり楽しんでやっているだけです。

 

自分はこう生きよーって決めた生き方をしてる。

 

基本的には自分が選んだことしかやっていないから、

あんまり不自由を感じることはないだけで、

じゃあ、自由っていったいなに?と聞かれたら

 

自分が、自分の生活とか人生に納得している状態、

なんか心から自由だな〜と感じられる状態。

自分が世の中のしがらみと関係なく自立できている状態。

 

うちの結論は、これが「ザ・自由」ですな。

 

自由になりたくないか〜い

どうすりゃ自由になるか〜い

尾崎豊

 

 

ちなみに、圧倒的に自由を感じたかったら、

目隠しをして手足を縛って、1日過ごしてみたらいい。

解いた瞬間に自分がなんて自由だったんだってことに気付けるから。

 

洗面器に水を用意して、5分位顔を付けてみたらいい。

ブファ〜〜!!と顔を上げた瞬間に、

ああ、自由に空気が吸えるってなんて幸せ・・と感じられるから。

 

つまり、自由になりたきゃ、不自由さも必要なのかもでYO!

 

メンターの教えはこれ↓

storys.jp